不動産売却の前に知っておきたい「富谷市」とは

不動産売却を行う前に、富谷市がどういったところかをある程度把握しておきましょう。

どんな特徴があるかなど、知っておいた方が不動産売却で査定した時にどのくらいの金額かを想像がつきやすくなります。

【宮城県富谷市とは】

富谷市は、仙台市と隣接しており、泉区・宮城野区のすぐ北側に位置します。

元々「黒川郡富谷町」という名前でしたが、2016年に市制に移行し「富谷市」となりました。

工業団地が点在し、国道4号線を中心にロードサイド店やショッピングモールの開発が行われ賑わっています。

バブル崩壊後も過疎化の影響は受けず安定的に発展している町といえます。

人口は約5万人で、南西部にはニュータウンが形成され、典型的な仙台市のベッドタウンとしてその機能を果たしています。

【富谷市の不動産売却の相場】

富谷市の不動産売却の相場ですがさまざまな不動産会社のサイトで確認することができます。

マンションの場合、専有面積が70/m²(3LDK)で築30年ほどの物件であれば約1000~1200万円が相場となっています。

土地の場合、1/m²あたり7.4万円で中央値である224/m²の土地を売却した場合、約1750万円ほどとなります。

一戸建てを売却する場合、土地面積235m²、建物面積が125m²で築年数が約23年の平均値の家を売った場合、約2790万円ほどとなります。

あくまでも平均値となりますので、実際の築年数や建物の状況により価格は数百万単位で変動するため注意しましょう。

《東北住み心地ランキング1位の富谷市》東北住み心地 富谷市1位 仙台市全区トップ10入り 大東建託調査 | 河北新報オンラインニュース

[…]